ホビーは1950年の創業以来、ロングボードの歴史そのものを体現しています。

ホビー・アルター

Hobie Alter ホビー・アルター

1950年より現在まで常にロングボード界をリードしているホビーサーフボード創立者。
彼のイマジネーションは世界で初めてサーフボードにフォームを使い、ロングボードの醍醐味であるノーズライドを追求、ノーズコンケーブ、ノーズライダーモデルなどを作り出した。
フィルエドワーズモデルなどシグネチャーモデルを発表したのもホビーアルターのアイデア。彼自身もタンデムなどで多くのコンテストで成績を残している。

テリー・マーティン

Terry Martin テリー・マーティン

1952年からシェイプを始め、1963年よりホビー・アルター、フィルエドワーズと共に数多くのボードをシェイプしている。特に今だ多くのファンに愛されているフィルエドワーズモデルのプロダクションボードの多くはテリーによるシェイプであり、半世紀に及ぶテリーの技術、ノウハウは今もホビーサーフボードで生きている。彼はシェイプを仕事としてだけでなく、心から楽しみ、愛している。常に多くの人間が集まるシェイプルームでは思うようにシェイプが進まないと時に彼は朝、3時からシェイプルームにこもり黙々とシェイプをこなす。
幾つかのボードブランドでシェイプを続けてきた今、テリーは言う。
「今ここでホビーのボードをシェイプすることが幸せだ。なぜかってホビーでシェイプを始めたし、ホビーが好きなんだ」
普段は見たまんま周りに愛と笑顔をふりまく陽気なサンタクロース。

2005年 テリーはINTERNATIONAL SURFBOARD BUILDERS HALL of Fameを受賞。(スペシャルシェイパーの殿堂)入りとも言える賞の受賞です

2012年におしまれながらも他界、彼のシェイピング魂はMark Johnson、Gary Larson,Tyler Warrenに、しっかりと受け継がれている

マーク・ジョンソン

Mark Johnson マーク・ジョンソン

UCSB(サンタバーバラ大学)卒業後 ホビーアルター、フィルエドワーズ、テリ-・マーチンなどの元でシェイプを学んだ。
サーフトリップ経験も豊富な彼によって 50年に及ぶホビーサーフボードの伝統は今も引き継がれ常に進化し続けている。
来日経験もあり、お好み焼きが大好きでまじめなナイスガイ。

Gary Larson

Gary Larson ゲーリー・ラルスン

2005年、シェイプ歴  年のゲーリーが自らのシェイプ人生を考えたどり着いたのはホビーのシェープルーム。
そこで彼は身体でホビーのシェイパーらから理論、技術を吸収。シェイプの技術を確実に身につけている。サーフ歴、トリップ歴も豊富で、笑顔を絶やさない温厚な性格から美しいボードが生まれる。

タイラー・ウォーレン

Tyler Warren タイラー・ウォーレン

幼少時より、HOBIEのお膝元DanaPointで育ち、HOBIEのライダーとして活躍
メローでスムーズ、スタイリッシュなサーフィンは、カリフォルニアのみならず、世界のサーファーを魅了した。そして、カリフォルニアのコアな部分に身を置くことで、若くして、本物の、サーフカルチャーに触れ、HOBIEやTerry Martinらからすべてを吸収し、2010年にシェイパーとして、HOBIEに迎え入れられた。
彼のシェイプ人生のスタートは、芸術作品 Bar Of Soap からで、ボブシモンズからインスパイアーされたもの、世界中で、ミニシモンズの代名詞となった。もともと、アートカレッジに通っていた彼は、アーティストとして、個展を開くほどそんな器用さが、彼を一流のシェイパーにするのに、時間を要さなかった。
彼のアート同様に、繊細な、シェイプラインは、目を見張るものがあるなにより、彼自身が、モデル開発して、シェイプして、乗って、見せて、一人何役もこなし、歴史の一部として、世にサーフボードを送り出している。

  • ico_pankuzu
  • 伝説のシェイパー